借金滞納の直接的な原因

沢山抱えた時に返済が困難となり、借金滞納をするという話を聞いた事がありました。

返せないものなら、最初からやらなければ良いのにと、その時は考えたりしてたのですが、金融業者から借りた金額が膨らみすぎていき、借金滞納状態になったのです。

こうなった理由は、まとまった額が必要になったから。手を出す時に、返済計画を立てたけれど、収入が激減するとゆう状態に陥った為、返済が難しくなったのが、直接の原因。

借金滞納をするとどうなるのかは、おおよそ予想はついてたけど、電話での催促が日々多くなりすぎ、精神的にも辛い状況に陥った。

尚、そのままに放置を続ければ、裁判所に訴えられ、給料の差し押さえなどが行われるのじゃないかと、かなり不安に。

そこで、借金滞納を解決してくれる弁護士に依頼をし、債務整理を行なう事に決める。

弁護士に依頼をした途端、催促の電話等がキレイに無くなり、従来と同じように平穏な生活へ戻り、本当に相談して良かったと思う。

地産地消を意識する

前回、富良野へドライブ行った際、じゃらん掲載されてたハンバーガー店に、開店前から長蛇の列が出来てた。

20分前到着したにも関わらず、オープンと同時に入店出来ず、一回転待たされるという痛恨のミス。その教訓を活かし、今回は人気の蕎麦屋へ、オープン30分前到着。

私達の他には人も車も無い。あいにく雨だったが、列が出来始めるまでは、車内で待機を決め込む。5分ほど待つ、客がやって来る気配は無い。

暇だなーと思った矢先、ふと左手を見れば、ベーカリーショップが目に止まった。すぐさまスマホで、情報を検索。

今まさにオープンを待っている蕎麦屋と同様に、自社栽培、製造・販売まで一貫するパン屋だと判明。

企業的に関係性までは掴めなかったが、北海道産の食材にこだわり、地産地消を意識する事は分かった。

ドライブをするとパンを買って帰るのが、最近お気に入り。思わぬ出逢いに恵まれた。

バカラ必勝法は如何に逃げるか

私はカジノで一番好きなのは、バカラ必勝法を考えた為、このカードゲームです。その理由は、ルールが単純明快だから。

賭ける方は、バンカーかプレーヤーのどちらかを選べば良いだけ、というのが初心者にも簡単。ルールが単純明快だから、儲ける事が出来るかといえば、決してそうは言えません。

2択という性質上、バカラ必勝法があろうと、稼ぎ続ける事は、ほぼ不可能。遊ぶ人は、バンカーにもプレーヤーにもなれない為、運を天に任せるだけ。

私が考えたバカラ必勝法は、最初に賭けた金額の倍額を、次のベットとする。負けたら、またその倍をベット。そんで的中したら、プレイを止めます。

つまり逃げるタイミングが、非常に重要。前述したように、儲け続けるのは不可能な為、プラスに転じたら抜けちゃうえば、負けはありません。

マイナスが続き、どうしようもなくなっても、止められる心の強さは必要。プラスに転じた時に抜けられるかが、バカラ必勝法の最も重要なポイント。