弁護士には向きません

昨年7月に、北海道小樽市のドリームビーチで起こった悲劇。飲酒運転により女性3人を轢く事故である。その判決が、昨日ようやく出る。

懲役は求刑どおり22年。この判決内容が気になって、昨日は朝からネットニュースを何度も開き待っていた。

弁護側はあくまでも、スマホを見ながらのよそ見運転を主張するけど、まったく加味されなかったようで安堵。

しかし、この22年を長く見るか、短いと見るかだろう。弁護士は仕事だから当然、被告の刑を軽くするという任務がある。

しかし、特にこういった事件の場合、どんな気持ちで被告と向き合うんだろう。私だったら、こんなクズみたいな人間の味方は嫌。

つくづく弁護士は、正義の味方じゃないと思う。事実を捻じ曲げてでも、利益の為に何でもする、銭ゲバにしか見えない。