夫 飲み会 朝帰りが最後の決定打

嗚呼もう、えー加減にせよ。夫 飲み会 朝帰り?ぜーったい、駄目!「お前なぁ、代わりに会社来て、不倫が心配だから亭主は不参加と言ってみ?無理やろ?立場も考えろよ」

ふん、難しー事言うな!結局は浮気してぇだけ!私なんか、どうでもえーわけさ。

「こっちがやるせねぇ!くそ、断れるか?不可能だ。良いか?これ終えたら、そうだな...どっか旅行へ行くか?チャラにせよOK?」...嫌。

「おい、怒るぜ?」ご立腹さ、ここは譲れない時あるよ。女の勘、不安...。「はは年中だろ。夫 飲み会 朝帰り程度、大した事じゃありません」

大問題!何かね、嫌な予感が凄く濃厚...。仮に、そんまま夫 飲み会 朝帰りされたら...。きっと二人は、二度と無事な姿で会えぬ気が...。

「離婚っつーわけ?」違う!そうじゃなく。「電話、切るぞ」結局、夫 飲み会 朝帰りされた。そしてもう、彼が妻と顔を会わせる機会は訪れず。

愛想を尽かし、どこかへ旅立った。絶望、けれど死ぬほどじゃありません。後悔は遅く、なぜか様な事態へ...。