ロシアワールドカップ2018日程を無駄に例える奴

ロシアワールドカップ2018日程を例えれば...。そう、林檎が沢山実った木々に、出くわしたとする」ふむ、ロシアワールドカップ2018日程が林檎...。最高だな!

「ちょ、何?」美味しーわ、先をどうぞ。「蜜柑が一本生えていた。不信と思わぬか?」む、それは...。「どう?変?」蜜柑は、木から出来るの?

「え?」俺、てっきり畑からこー、ぼこぼこトマトみてーに出来る。「ねーよ!それ、野菜やろ!」野菜は全部畑。果物は全部なのか?

「どうやろ」否、メロンやスイカは?「ちょ、てか話が脱線しとる」ロシアワールドカップ2018日程が果物?何が言いたいのか、さっぱり。

「つまり、こー沢山国々があり、ん中で異色な奴らは雰囲気が違う」どこが蜜柑?「え?」お前の話だと、どっかがやべーっつー事だろ。何処?

「それは...」おう。「秘密さ」え?お前...。具体的には何も分かっちゃねーんじゃ...。

「んな筈は。そもそもロシアワールドカップ2018日程は、フルーツじゃねーよ!」...すまぬ。意味が分からぬ。