地産地消を意識する

前回、富良野へドライブ行った際、じゃらん掲載されてたハンバーガー店に、開店前から長蛇の列が出来てた。

20分前到着したにも関わらず、オープンと同時に入店出来ず、一回転待たされるという痛恨のミス。その教訓を活かし、今回は人気の蕎麦屋へ、オープン30分前到着。

私達の他には人も車も無い。あいにく雨だったが、列が出来始めるまでは、車内で待機を決め込む。5分ほど待つ、客がやって来る気配は無い。

暇だなーと思った矢先、ふと左手を見れば、ベーカリーショップが目に止まった。すぐさまスマホで、情報を検索。

今まさにオープンを待っている蕎麦屋と同様に、自社栽培、製造・販売まで一貫するパン屋だと判明。

企業的に関係性までは掴めなかったが、北海道産の食材にこだわり、地産地消を意識する事は分かった。

ドライブをするとパンを買って帰るのが、最近お気に入り。思わぬ出逢いに恵まれた。