借金滞納の直接的な原因

沢山抱えた時に返済が困難となり、借金滞納をするという話を聞いた事がありました。

返せないものなら、最初からやらなければ良いのにと、その時は考えたりしてたのですが、金融業者から借りた金額が膨らみすぎていき、借金滞納状態になったのです。

こうなった理由は、まとまった額が必要になったから。手を出す時に、返済計画を立てたけれど、収入が激減するとゆう状態に陥った為、返済が難しくなったのが、直接の原因。

借金滞納をするとどうなるのかは、おおよそ予想はついてたけど、電話での催促が日々多くなりすぎ、精神的にも辛い状況に陥った。

尚、そのままに放置を続ければ、裁判所に訴えられ、給料の差し押さえなどが行われるのじゃないかと、かなり不安に。

そこで、借金滞納を解決してくれる弁護士に依頼をし、債務整理を行なう事に決める。

弁護士に依頼をした途端、催促の電話等がキレイに無くなり、従来と同じように平穏な生活へ戻り、本当に相談して良かったと思う。